パットの、ほんとう

構えたらすぐ打つ

倉本昌弘はプレーが速いですね。

  「本番に強くなるゴルフ」(倉本昌弘著 ゴルフダイジェスト社刊)の一節から略して引用させていただきます。

    〇本番になると距離勘(原文は感、以下同じ)の悪い人は構えたらすぐ打つ癖をつける
 
  基本的に、距離勘のミスには2種類ある。

  ひとつは、全く経験のない、もしくは、経験が足りないためにおこるミス。そして、もう一つは「心」が邪魔をして起こるミス。
    初心者や初級者はともかく、ある程度経験を積んで、ハンディもアップした人が大きく距離をミスした時は、ほとんどが心のミスだと考えてよい(極端に複雑なラインや、極端に長いロングパットのミスなどは経験不足のミス)。
    練習場でも実戦でも距離が合わないのは、経験不足のミス。

  それに対して練習では距離が合うのに、実戦では合わないというのは心のミス。


その場合にはプレショット・ルーティンの練習、つまり、パッティングの前のお決まりの動作を済ませたら、速やかに打つ練習が必要になる。


そういう練習をすることで、自分の中に、構えたらストロークをするだけだという回路が出来れば、心が邪魔をしにくくなって、実戦の中でも、見たままの距離勘でストロークできるようになる。

ページUP