パットの、ほんとう

低い方からしか読まない

低い方から読むとラインが読みやすい。
  当たり前のことですが、上側から読むことを省略して、これに徹するとプレー進行に30秒/1人くらい貢献できます(笑)。
    「私は低い方からしか読まない」と「本番に強くなるゴルフ」(倉本昌弘著 ゴルフダイジェスト刊)で、プレーの早い倉本が断言しておられます。
    プロは両側から読む方がおられますが、私自身は複雑なラインの時を除いて上側からは読みません。一般の傾斜では上側から読んでも参考になるような情報は得られないのが普通だと思います。
    著書の一部を引用させていただきます。
    ーーーー
  傾斜というのは必ず低い側から読むのが大切です。
  これは上りも下りも同じ。つまり上りだったらボールの後ろ側からカップに向かって傾斜を読む。下りだったら、カップの後ろからボールに向かって読む。
  (中略)
      基本的に、高い側からだと傾斜はわかりにくい。
  だから、私は低い方からしか読みません。
    後は、ボールとカップの間に立ち、どのくらい上っているのか下っているのかをチェックします。この場合も、必ず低いサイドから見るようにしてください。
  ーーーー
    これに徹していると、グリーン上の動きが少なくなり、時短にもなりますし、パッターの視界の邪魔にもなりにくくなるケースが多いと思います。

ページUP