パットの、ほんとう

両手を押し合う

内藤雄士さんの仰る体幹ストロークが理想のストロークですが、体幹でストロークするってかなり難しいですね。
   体幹に意識を置いてストロークすると腕の作る五角形が崩れてしまうとおっしゃう方もおられます。
    そんな方にお勧めなのが、グリップするときに両手を押し合う意識を持つことです。
   初めは強く押し合うことから始めると、ご角形が崩れません。

慣れたらその押し合う力を弱めにしても崩れないようになります。

また、強めであっても体幹ストロークである限りストロークに大きな影響(邪魔)はしないです。
  私は両手を押し合う方がやりやすいですが、両手を引っ張るようにする方もおられます。   これは個人の身体特性によって違うのかなと思います。   試してみてご自分でしっくりくるやり方を採ったら良いのではないでしょうか。

ページUP