パットの、ほんとう

リズムを一定に

パット名手の谷原秀人は次のように仰います。

ー−−−

一定のリズムの中で、ヘッドと打ち出すボールのスピードが一緒になるようなイメージ。

  そうすれば、ボールを打ち出す強弱をコントロールしやすくなります。

距離が大きくなれば振り幅が大きくなるだけです。

    ストローク中、パターを手先でコントロールするとリズムが一定になりません。

 頭を動かさずに、左肩を支点にしてストロークすると安定感が増します。
    その日のグリーンによって速さが変わるので、私はグリーンの速さをつかむためにロングパットの練習しかしません。
  タッチが合えば、ショートパットも同じようにいい感触で打てるのです。
  ー−−−
    考えてみれば基本的なことですね。
  名人は基本に忠実であり、それを実践していることだと改めて感心させられた次第です。

ページUP