パットの、ほんとう

手元を離さない

私のお勧めするストロークフォームは振り子式です。
  両手と両腕で作った五角形を崩さずに肩の上下動だけでストロークするというものです。

手打ちを避けるためにはこれが最上と思っています。
    しかし、これに取り組む方が陥りやすいのが、グリップ位置が体から離れてしまうことです。
  いわゆる手元が浮くということです。
  ショットでもそうですが、手元が浮いてしまうとストロークが安定しなくなることで正確なインパクトの確率が落ちます。
    これを避けるために、グリップ位置を腹から離さずにということになりますが、着けすぎてもストロークがスムーズにいきません。
  私は両上腕が軽く脇(脇と胸の中間位置)に付くようにアドレスするのが一番安定します。
    ベテランの方は長い時間をかけて自分のしっくりくる位置でストローク出来ていますね。
  先日、片手シングルの方と回ったのですが、その方のフォームは理想的でした。

アドレスを見るだけでパットの上手さを髣髴させてましたが、結果にも驚かされました。

真横からのラインでも深いライン取りはしない(私のライン取りの半分!)もののオーバー距離は50cmくらいでボールが止まっています。←実はほとんど入れてるのでこれは唯一の例です。

安定したストロークで確実に芯を捉えているので、こういうパットが出来ているのだなと感心しました。

ページUP