パットの、ほんとう

方向を決める左手甲

サンスポの「【菜々の七色必勝法(6)】パッティングの秘訣 方向決める左手の甲」から引用させていただきます。
  ー−−−
   皆さんは打つときに、どんな意識を持っていますか? 私はいつも「左手の甲の向き」に意識を集中しています。
   なぜ「左手の甲」なのか。
  それは「手の甲の向き」と「パターのフェースの向き」がリンクしているからです。
    ストローク中に手の甲の向きが変わると、それに合わせてフェースの向きもずれてしまいます。そのずれを防ぐため、手の甲の向きを固定するように意識しています。
   打ち出したい方向に向けて「フェース」と「手の甲」という2つの指標があることで、向きも合わせやすくなります。

意識を集中させたら「左手の甲でボールを打ち出す」というイメージで打ってみてください。

   狙った通りの方向にボールが転がっていくと思います。
  ー−−−   これって当たり前のことだと思ってましたが、実はこれをやってない方もお見受けします。

かく言う私もこれでミスをすることがあります。

それはショートパットでひっかける時です、このテーマの重要性って高いですね!

皆様も一度チェックなさってみると良いのではないでしょうか。

ページUP