パットの、ほんとう

ライン別セットアップ

昨季JGTO初Vの杉山知靖が勝因としてあげているのがタイトルです。

  「週刊ゴルフダイジェスト」(2022年NO.6)から一部を引用させていただきます。

    ー−−−
  1.スライスライン
   ボールを左に置いてハンドレートに構える
   スライスラインは右に打ちだしたら絶対に入らないので、いつもよりボールを左に置いて、ハンドレート気味に構えます。
    これで右に押し出しにくくなります。 
 
  2.フックライン
   ボールを右においてハンドファーストに構える
    フックラインは逆に左に打ったら入りません。
  
 そのため、ボールを右目にセットします。

   更にハンドファーストに構えて、ミスしても左に引っ掛けにくくします。
    ボールの位置と手の位置を変えるだけで、スライスラインを右に打ち出しにくく、フックラインを左に打ち出しにくくするという秘策です。
  ー−−−

ページUP