パットの、ほんとう

ショートパットを外す原因

「ショートパットを外す”明確な原因”とは??プロがやっているパット練習法はコレ!!」というYouTubeのレッスンで芹澤信雄が標件のことを解説しています。
    1mのパットではカップが見えるから左に向いてしまう。
  ショートパットでは、カップが視界に入るから、構えたときに左を向ている。
  目線がズレるから「先に顔がカップイン」だと芹澤らしい表現をしています。
    プロは試合のために練習するが、アマは練習のための練習(する人が多い)になっている。これでは練習の意味がない、丁寧に練習すべしとも。
    で、1mのパットを確実に入れる練習方法として
  1.アラインメントスティックの利用
    パターのヒールの少し手前に、スティックを転がり方向に平行に置き、それに沿って外ロークする。
    カップの意識や視界に入ることから解放される、の意ですね。
    2.50cmのところにゲートを作る
    (中間点の)50cmのところにティーでゲートを作り、そこにボールをを通す。
    これもカップを意識せずに、ゲートを通すことに集中するから、顔が先にカップインすることがない、の意です。
    カップが見えるから左に向いてしまうというのは意外と無意識にそうなりやすいので注意、と芹澤はおっしゃりたいのだと思います。
  そして、パットの上達には
  1打1打緊張感をもって練習することも大切だと解説しています。
  詳しくは首記YouTubeをご覧願います。

ページUP