パットの、ほんとう

関節のロック

YouTubeで紹介されている方法は

左腕を内旋させてロックして手首を外旋してフェースを合わせる。
  右腕は内旋させて手首を外旋してロックする方法。
  出来るとたいへん強固に関節がロックされるんですが、なかなかできにくいことは片山晋呉が何度も取り組んでいたのでご理解できたと思います。
    でもロックされた関節はぶれないですから、プロの片山はこれからのツアーで取り組みそうですね(笑)。
    で、このやり方は時間の無い我々アマはかなりの努力が求められますので、私の方法を紹介します。
    それは、腕で五角形を作るときに「左右両肘を使ってパターグリップを両側から押す」意識で行うことでできます。

五角形がロックされますね。

   はい、そのままストロークしてみていただくとお分かりの通り、手首は捏ねないし、肩の上下動そのものでないとストロークが出来ません。

   逆に言うと、このようにして作った関節ロックであれば、自然に肩の動きによる振り子式ストロークが出来ます。

   簡単ですね。

  動くのは肩の上下動だけですから、動きの再現性はピカ一です。

   なので、ボールの転がりにおける方向性(=直進性)は自ずと高まります。

   そして、上りのパットで強めに打つという意識が働いても(パンチが入っても)、左に外すという忌まわしいミスがなくなります。

     このような悩みを持つ方はぜひお試しください。

  1ラウンドで2つや3つくらい凹ませることが出来ます。

ページUP