パットの、ほんとう

腹筋に力を入れ、ヘソを中心にストローク

産後の初V(通算4V)では長いパットが残り、応援する側にハラハラさせる場面もありましたが、距離勘の良い若林舞衣子は2ndパットをそんなにストレスなく打てるところまで寄せていました。


    この距離勘の良さは師匠の岡本綾子のアドバイスにヒントを得て得られたスキルであるようですね。


    パットで、腹筋と距離勘は関係ないのでは?!と仰る方もおられますが、ご本人は、、、。

      腹筋に力を入れ、ヘソを中心にストロークする


    腹筋に力を入れてストロークすると支点ができ、ヘッドは大きく動き、両手は小さく動く。インパクトで構えたところへ戻しやすい。


    師匠の「手が動きすぎ」とのアドバイスが大きいですね。



  以前はテークバックで両手が平行に大きく動いていたので、ダウンで両手を戻す幅が大きくなり、アドレスの位置に戻すのが難しくなる。


  アドレス時よりも手元側に戻していたので引っかけが多かった。

    そこで、両手はアドレスの位置からあまり動かさず、ヘッドだけを動かすようにしたら距離勘と方向性が良くなった。

    ポイントは腹筋に力を入れること。

  そうすると、上体の大きな筋肉を使ってストローク出来る。

  そしてヘソ辺りを支点にしてヘッドを動かすイメージを持つと、両手が大きく動かずにヘッドを動かせ、構えたところに戻しやすくなる。

    頭が早く上がらないようにも注意している。と仰っています。

  ーーーー
    腹筋(丹田)に注力すると、軸がぶれないので方の上下動でストロークしやすくなります。



なので、手が動かずにストロークしやすくなります。



  方向性も距離勘も良くなるというのは頷けますね。

  腹筋とか丹田とかはショットの場合のアドバイスとしてつかわれることが一般的ですが、パットでも同じです。   あ、手も動きますよ。ヘッドの動きと手許の動きは、肩から先を1つのレバーと見做せますので、そのレバーにおける先端(ヘッド)までの長さと手許迄の長さの比例関係で動きます。

ページUP