パットの、ほんとう

ヒールアップのストローク

金谷拓実はヒールアップしてストロークしますが、次のように語っておられます。

ーーーー
できるだけボールに近づいて、ヘッドをヒールアップするように構えます。

自分としては近く立つことで手が浮くので、ムダな動きが減ると思っています。

ストロークの横のブレ(ヒール側やトゥ側に芯を外すミス)を抑えられる。

参考にしたのはS・ストリッカー


パターがすごく上手い選手です。

ーーーー

詳しくはALBAの記事「金谷拓実はなぜヒールを上げて構えるのか」をご覧願います。

なお、こうすることで
@ボールの芯を捉えやすい
Aひっかけ防止になる
B真っすぐに順回転しやすい
ストロークになります。

ページUP