パットの、ほんとう

2個打ちドリル

ボール2個を横に並べて置き、同時にパッティングするドリルです。

GDOのサイトに次のような記述がありました。

  ーーーー

  2個とも同じスピードで打ち出し、ストレートに転がればOK。

  どちらかのボールが強く出たり、左右に曲がってしまうのは、インパクトでフェース面がズレている証拠です。
    ショートパットが入らない一番の要因は、インパクト時にフェースの向きが安定しないこと。


2個打ちドリルでうまく転がらない人は、フェースが開閉している証拠です。


1〜2mの距離であれば、インパクトで真っすぐ向けることに集中しましょう。


  ーーーー    

該記事はショートパットについて、フェース面の管理の大切さを説いていて、そのドリルとして2個打ちを推奨しています。

   なら、もっと長いパットでは推して知るべきですよね。


フェース面の管理の重要性、入れようと思ったらショートパット以上にフェース面の管理が大切となります。

なので、
長い距離での方向性の良さを出すために、長い距離の2個打ちをやると良いです。

   これに習熟すると、パットが楽になり、1RNDで数打の得になります(これをやっていると5m以下のパットでは冷静な挑戦意欲が湧いてきます)。
    しかし、なかなかこういう練習を続ける環境にないというのも実情です。


RNDの時には、超早く到着して練習グリーンが空いてるうちに、こういうドリルをなさるのがよろしかと思います!


     なお、アマの方でもパット功者の方はフェース面の管理が出来ています。


長年の経験からこういうことに習熟なさってるわけですね。


手っ取り早く習熟するには2個打ちドリル、絶対にお勧めです。

ページUP