パットの、ほんとう

ロングパットを寄せるコツ

ここぞというときにもショートしないタッチを持ってるのは、藤田寛之と手嶋多一。

こうおっしゃったのは谷口徹。ご自身もショートしませんね。


その手嶋は次のように仰います。


ロングパット

   タッチさえ合えば、長い距離だって入るチャンスはある
    10〜15mもあれば、どれだく細かくラインを読んでも完璧は無理。
  それよりもスムーズに転がしていかに距離勘(原文は感、以下同じ)を合わせるかが重要。
   そのためにはカップ周り半径1mの中を狙うのがおすすめ。
  目標を大きくとれば手もスムーズに動き、結果的に距離も合う。
   この時、ボールの転がりをよく見る。

特にカップを過ぎてからは絶対に目を離さない。

返しのパットを入れるためにはしっかりとラインを見ておく必要がある。


    ロングパットを寄せるコツは2つ

    1.バックスイングとフォローの大きさを同じにする
    インパクトで力が入ったり、逆に緩んだりすると距離勘がバラつく。
   それを防ぐにはテークバックとフォローの大きさ・スピードを同じにする。


 これが出来ると距離勘が安定してくる。


    2.パターの芯でヒットする
    距離勘を安定させるには、確実に芯で打つことが大切。
   芯を外すと距離もバラつくし、ラインからも外れる。
    ロングパットでは、出だし1mくらいまではスパイクマークや傾斜の影響は無視してかまわない。

大切なのはカップの周辺。


    ーーーー
  バックスイングとフォローの大きさについては、フォローを大きくとれという方もおられます(例えば藤田寛之)が、そうする方が芯を捉えやすいと言われます。


私も1:2くらいです。

   これは人それぞれの身体特性から決まることだと思います。

どっちが良いのかでなく、如何に芯を捉えやすいか、距離勘がでやすいかで決めればよいと思います。

ページUP