パットの、ほんとう

3パットも後に引きずらない

常に同じルーティンで打てば、3パットしても後に響かないと田中秀道は仰います。
   
ーーーー

  パット上手のプロはイーグルトライでもルーティンは変わらない
    プロの試合でも、イーグルチャンスになるとカップとボールの間を行ったり来たり。

キャディとやたらと相談してる場面がある。


   気持ちはよくわかるが、ボクが知る限りそうした選手は、それまでの良い感じで転がせていたリズムが失われて、そのイーグルパットは絶対に入らないし、優勝争いからも脱落する。

   優勝するプロはイーグルトライでも、何も気負うことなく、普段通りのルーティンで打つ。

  それはパットの上手いアマチュアにも言えることで、カップまで距離のあるパーパットにも当てはまる。
    ルーティンを確立させても3パットすることはある。

  でも、常にリズムを整えていれば、思い通りの結果にならなくても落ち着いて対処でき、その後のパットに悪影響を及ぼさない。
    ちなみに、ロングパットは視野を広げられるように背筋を伸ばして構えると良いと言われてるが、ボク的にはあまり感心しない。

  ルーティンを常に一緒にするなら、距離に関わらず構え方も一緒の方が良い。

  ーーーー

    外したパットの次打もそうですが、パットのルーティンを持っていると、次ホールのティーイングエリアでの気持ちも乱されることがないですね。

これも大切なルーティンの効用ではないかなと思います。

    ロングパットは高い姿勢から打てというような指導者は今はおられないんじゃないかなと思います。ここだけ高く構えると距離勘にも影響してしまうんじゃないでしょうか。

ページUP