パットの、ほんとう

ロングパットしか練習しない

スタート前の練習グリーンでは、ロングパットしか練習しないと谷原秀人は仰います。  
  その日のタッチを決めるのが最優先です。

  ロングパット練なら

   →その日のタッチが決まる→ラインも決まる→3パットが減る

  ショートパット練だと

   →タッチが決まらない→ラインがいくつもできる→3パット連発

    ロングパットは入れるのが目的ではなく、その日のタッチを作るのが目的。自分のその日のものさしを決める。

    ロングパットの練習の注意点は、目線をカップまで送り、そこからラインを目で引っ張ってきて、目線が戻ってきたと同時にクラブを上げるようにするとスムーズに打てる。

   また、ライン上にスパットを見つけておくと打ち出す方向も明確になる。

    中長距離のパットは入れようとせず「3パットしないこと」が大切。

    コツとしては
  1.振るスピードと球の出るスピードを一定に

    振り子のようにリズムは一定に。

  2.手先は使わない

  一定のリズムで打つには手先を使わない。

    また体を大きく揺さぶることもない。

  3.グリーン上のルーティンを決めておきその通りに打つ

   

ページUP