パットの、ほんとう

スタート前の距離勘作り

スタート前の練習グリーンで、その日の距離勘をつくります。

  勘ですから、日替わりです(アヤコさんが「パットは日替わり」と仰っているのはこの距離勘のことです)。

なので、その日の気持ちや体調が影響します。

毎日、ラウンドなさってる方は2〜3球転がせば、距離勘は作れますが、我々のように時々しか現場に出れないものにとっては、これがゴルフの最大の課題だと思います。


  しかし、長いことゴルフをしていると、これも習熟されて、距離勘が作りやすくなりますが。幼少からゴルフに親しんできた方は距離勘の悩みってないみたいですね。
    以下のやり方は、以前私が距離勘作りに悩んでいたころのノウハウです。

これは効果がありました!

    平坦地で、3球を使い自分の気持ち良い振り方でボールを転がします(*1)。

私の場合、スティンプが9feetですと、歩幅で≒10歩転がります。


  これが今日の自分の基準距離とし、それよりも長い場合・短い場合にその距離に合うように加減します。

   10歩よりも転がりが大きければ、そのグリーンは速い、少なければ遅いとグリーン速度も把握できます。

  ゴルフを始めた頃は、振り幅で調整してましたが、このころには出球のスピードで距離調整を始めていました。

    それでも、現場に出ると距離勘が合わない(当時はショートする傾向が多かった)。

メンタルなことだと仰る方もおられますが、プレッシャーのない場合でも、この傾向があり、これは永遠の課題かと思いました(大袈裟!)。

    ある時、練習グリーンが空いていたので、(*1)の後でその2倍の距離勘で転がすことに挑戦しました。

やり方は皆様がやるのと同じ、10歩先のところを通過するスピードが基準距離と同じであれば良い計算です。


即ち、出玉は10歩の場合の2倍の速さですから、山勘で2倍の速さになるように転がします。

    そうすると、現場に出てから、ショートすることがなくなりました。
  即ち、平坦地換算で20歩までの距離勘がとてもよくなるということでした。
    プロは、長い距離から練習スタートするという方が多いですが、これなんだなと感じた次第です。
    で、宅練では20歩転がすってできません。
  私の事務所は狭いので直線距離は6mがMAX。
  安物のカーペットなので、私の基準で転がすと≒5m(これが9feetだと10歩に相当)です。

  でも、ここでも20歩相当の練習は出来ます。6m先のドアにボールを当てて戻します。

その戻りの転がり距離から、20歩かどうか概ね判断できます。

意識するのは出球が2倍のスピードであることです。


   木製のドアなので、反発係数が小さく(音は大きいですが)反転してから1m戻れば、実際の転がり距離は10m(スティンプ9feetでは20歩)となります。

  パーティションのスティール製袴部分でやれば、もっと転がるかと考えましたが、薄い板なので、ほとんど戻らず(失敗)。
  普通は20歩以内のパットなので、この距離でショートしないドリルとしては大いに役に立つと思います。
    社会人になってからゴルフを始めた方で、距離勘に悩む方の参考になるのではないでしょうか。

ページUP