パットの、ほんとう

掌屈グリップ

左手を掌屈したままでインパクトを迎えるとミート率が高まりますね。 これはドライバーからウェッジまで試してみました。

   手打ちだと上手くいかないので、その矯正にも良いかも、です。

  最初はショートアイアンから始めて、恐る恐る番手を増やしていきましたが、もっと早く取り組めばよかったと思えています。

    そうなると、図に乗ってパター迄やりたくなるのが私の悪い癖です。
    で、このところ朝練で続けています。
    パターを掌屈した状態でストロークする?と思われるかもですが、ショットのそれと違って、シブコのショットのように大げさにやるわけであは有りません。

   イメージとしては、左手甲に板を当てたと想像し、その板を意識してインパクトまで変えずにストロークする。

   いや、フォローからフィニッシュまでその板は甲を抑えているというイメージでしょうか。

   私の場合はフォワードプレスするので、その時点で左手甲に板が包帯で巻き付けられて固定されたというイメージが容易です。

    転がりそのものが良くなるという感触は少ないですが、これをやることで打ち出しの方向性が良くなることが確認できたので、これはイケると思って続けています。

  まだ、実戦投入していませんが、近々やってみます。

    これも人それぞれで向き不向きがあろうかと思いますが、お試し頂く価値はあるように思います。

ページUP