パットの、ほんとう

ソールする、しない

アドレス時にパターヘッドをソールするかしないか、個人でそれぞれですが、どっちが良いとかを決めつけるのではなく、それぞれもメリットを知ることが大切だと青山裕美さん(江連忠さんの一番弟子)は仰います。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2020年NO.17)から一部を引用させていただきます。

    ーーーー
  ソールするメリット
  1.フェースを合わせやすい

   ソールするとフェースをターゲットに合わせやすくなる。

   インパクト時のフェースの向きで出球の方向が決まるため、ショートパットでは有効。逆に浮かせるとフェースは合わせづらい。

  2.グリップを調整しやすい

   グリップの力感や手元の向き、形などを調整しやすくなる。

   最初にソールしてフェース面を合わせたら、両手でグリップをニギニギしながら、微調整するプロを見たことがあるはずだ。

    ソールしないメリット

  1.力感が作りやすい

   僅かにヘッドを浮かすことで力感が作りやすくなる。

   どうしてもインパクトで緩む、ヘッドがぶれるという人には有効。

   ここぞという場面でのダフリ防止にもなる。

  2.順回転で打ちやすい

   フェースの下目で打ちやすくなるので、ややハーフトップ気味に打てる。

   つまり順回転で打ちやすく、転がりのいいパッティングが出来る。

   遅いグリーンや上りで有効なテクニック。

  ーーーー
     私はソールしますが、フォワードプレス(FP)するので、テークバックではヘッドが自然に浮くようになります。

   ソールして構えるのは青山さんがおっしゃるようにフェースの向きを合わせやすいからです。

   FPするとフェースの向きが変わるとおっしゃる方もおられますが、意識してやってれば直ぐに真直ぐにやれるようになります。

ページUP