パットの、ほんとう

場の統一理論

って、大げさに構えましたが、、、(笑)。

ゴルフを始めたころに、パットからドラまで同じテクニックなら良いな!と思いました。
続けているうちに、統一できるという仮説に変わり、今はほぼ確信的なイメージを持っています。

大本研太郎さんの考え方は2回ほど紹介させていただきましたが、パットの上達はドラの上達につながるという趣旨の主張をなさっておられます。

私自身、ドラの練習はレンジで2~3球しか打たなくても、アプローチの練習を続けることでアイアンからドラまでのフルショットも良くなることを確認しているので、今もそれを続けています。

私の場合、パットだけは未だ少し違うな、と思っていましたが、、、。

大本さんは「パターのテークバックではフェースが下を向くように」という趣旨のことを仰っていて、これが言えるのであれば、統一理論は完成の域に達するように感じました。

なお、引用させていただいた言葉は、文章の一部を切り抜きしたものなので、大本さんの言われんとする本旨には外れるかもしれません。あくまで文責は私(Green Keeper)です。
ご承知おきお願いいたします。

ページUP