パットの、ほんとう

左ひじのロック

肘を外旋したストローク パッティングのストロークは、フォローでは自然にアークになります。

藤田寛之はこれを嫌ってでしょうか、(テークバックより)フォローが大切と仰って、フォローを真っすぐに出すストロークをされます。

でも、フォローではやはり多少アークっぽくなりますよね。
これは人間の身体の構造上、自然にそうなります。
なので、5Mくらいのパットの場合、左に外すことが多いと思います(Green Keeperだけかな?)。

これを防ぐために、肘に注力するとフォローも踏ん張れます。

アドレス時に「下腕に注力する」ことでそれが出来ます。
このときに少し下腕を内旋すると上手くゆく方と、外旋するとうまくゆく場合と、個性によってどちらがマッチしてるかが違います。

Green Keeperは外旋するほうが安定します。

画像はそうした場合にストロークの安定性を示すものです。
科^ペット上で、手前5m(一番手前のボールが5mの位置)から転がしていますが、前のボールに当たってずれてはいますが、直進性はとても良くなっていることが分かると思います。

お試しください。

ページUP