パットの、ほんとう

ボビー・ジョーンズの言葉

・ボールをヒットすることに、精神的な要素は一つもない

    これができれば、ゴルフは苦にならないですね。
    パッティングにおいては精神的な要素が大半を占めると思います。

  ・私は既に何度も気づいては矯正した筈の欠点と、いまだに戦い続けている
      パットやショットにおいて早いルックアップのことです。
    球聖をしてこうですから、いわんや我々をして(笑)。
    何度でも「開眼」すれば良いということのようです。

  ・ゲームの少なからぬ部分は耳と耳の間でプレイされる
      仲間内では使っても良い言葉ですよね。

  ・ゴルフは毎回上手にプレイするのは難しすぎるゲームである。
      はい、痛いほど経験してきました!

  ・いつかは幸運が訪れると期待して、努力を続け、ボールを打ち続けなさい。
  ・ほかにやることがないからと言うだけで練習するのは最悪である。
      1打1打考えながら練習を続けなさい、と理解しています。

ページUP