パットの、ほんとう

丸山茂樹流の極意

ALBAのレッスンにタイトルの記事がありました。
    一部を省略して引用させていただきます。
  詳しくは「丸山茂樹流パッティングの極意」をご覧ください。
    ーーーー
  1.ストローク中にグリップ圧が変わってはいけない
    自分がどのくらいのグリップ圧で握っているかを知り、

  バックスイングからフォロー迄その圧力を変えないこと。

    2.左右均等の振り幅
    バックスイングとフォローの大きさが同じにストロークする(*1)。
    左右均等でないと緊張時にミスしやすい。

    3.左脚内腿に注力(*2)
    左脚内腿内側(膝頭の上内側)に注力すると、上体の力が抜ける。
    緊張しているときに上体の力を抜くにはこの方法が良い。

  ーーーー
  *1:実際には、ご本人はフォロースルーの方が振り幅が大きいです。
     しかし、同じというイメージでストロークするということが大切です。
    *2:一瞬躊躇して「本当は言いたくないけど」とコメントしてます。
      まさに企業秘密ですね。
      やってみると確かにこのやり方は効果ありです。
      これでストロークすると軸がぶれないし、上体に力が入らないでストローク出来ます。

       お試しの価値ありです!

ページUP