パットの、ほんとう

軸の流れないストローク

ヨネックスL2019で勝った上田桃子の目線を切らないストローク、なぜ出来るようになったか、しばらく前から気になっていました。
 
上田は2017年のTOTOクラシック辺りから、取り組んできたのではないかと思います。

  当時世界ランク1位のユ・ソヨンのパットを見て、上田は
  「日本人とはちょっと打ち方が違って、インパクトが厚く、転がりも重たい。


芯で捉えるだけじゃなく、軸が流れていないんです。


またパッティング時はもちろん、それ以外の時も姿勢が良い。


それがインパクトの厚さにつながっていると思う」と言ってました。

    上田も今や軸が流れていないストロークをしていると思います。

    軸が流れるという表現は普通使われませんが、これは1つのキーワードになるように思います。
    上田は如何にしたら軸が流れないストロークが出来るかで行きついた先が今のストロークだと思います。

  時系列的にもほぼ一致します。

ページUP