パットの、ほんとう

ラインの半分で素振り

長いパットの場合、その距離の半分の位置で素振りしている光景をツアーでは良く見かけます。

  それには3つの理由があるとおっしゃるのはエイミー・コガ。
   コガは開幕戦2位でフィニッシュしたり、アリスでは2日目単独首位に立つなど最近注目の選手ですね。
  GDOのレッスンから略して引用させていただきます。
  詳しくは→「ラインの真ん中で素振りすべき3つの理由」をご覧願います。
  ーーーー
  1.距離勘(原文は感:以下同じ)をより具体化できる
    距離勘がより鮮明になる。

例えば、20mの距離を漠然と20m見つめて素振りをすると、ストロークの振り幅やタッチは、勘に頼らざるを得ない部分が大きくなってしまう。

一度、半分の距離の10mを頭に入れて素振りをすることで、ストロークの振り幅もインパクトの強さも二分の一でインプットできる。

真ん中で把握した素振りの2倍の強さで打てば良いという、具体性が生まれる。
    2.傾斜が影響するのは主に真ん中以降
   ボールが傾斜の影響を大きく受けるのは、球の勢いがなくなってから

つまり、真ん中からカップ寄りの後半の傾斜のほうが、前半より重視しなければならない。
    3.多くの情報が得られる
   ラインの真ん中に立つと、目からも足からもその前後を通過するボール経路の情報を多く得ることができる。

微妙な傾斜や芝目、グリーン面の凹凸など、細かな情報を得ることでイメージを微調整できる。
  ーーーー
    というものです。
  プレーファストの強く叫ばれる時代に躊躇される行為かもしれませんが、距離の正確な把握のために真ん中に立つことは大変有益です。
  正確な距離が把握できて初めてその目標距離を実現しようと勘が働くわけですから、、、。

   真ん中で素振り素振りするのを躊躇うなら、ボールから真ん中までの歩測をして2倍の距離をイメージすれば、正確に距離がわかるので距離勘も上手く働きます。

ページUP