パットの、ほんとう

トングを使うと便利

ピン挿しパットが許されて、パッティングは(ピン挿しが有利なので)そうする方が増えていると思います。

ピンがあるままではボールをピックアップするのにやりにくいですね。
カップの縁を傷つけないで拾うには、、、。


トングを使うと楽に拾えます。

左のトングはDAISOのアイストングですが、これは短いので使いにくいので、右のステンレス製の「万能トング」(AEONで¥276+TAX)というキッチン用のものを使ってみました。

これ、使い易いです。



但し、このトングは大きいのでセルフスタンド型クラブケースに引っかけておき、パターとウエス(ボール拭き)と一緒にグリーン上に持ち込みます。

  パッティングするときは邪魔ですから、私は尻ポケットに差し込んでいます。
    カップ縁に傷つけずに楽に拾い上げることができるので重宝です。
  なので、これからは必携品の1つとして持ち歩きます!
    勿論トングがなくても拾えますよね。 私もなかった時には掌をピン側に向けて中指と人差し指で捕まえて拾い上げていました。

  しかし、この長いトングを一度使ったら、止められなくなると思います。

ページUP