パットの、ほんとう

ボール位置を変える

2度の賞金王に輝き、マスターズでは4位(2001年)。 そのスイングは「世界一」と称賛された伊沢利光。
  シニアツアー(FANCL2018)では初日首位という素晴らしい戦績に戻って来ました(最終成績は3位T)。
    伊沢はラインによってパットのボール位置を変えると言います。

  「週刊パーゴルフ」2017年NO.5から省略して引用させて頂きます。

  ーーーー
  基本のボール位置は左眼の真下

   ここにボールを置くと(インパクトで)フェースがスクェアに戻りやすい。  
スライスラインは左に寄せて、フックラインは右に寄せて打つと、いわゆるアマラインを避けることができる。

  ーーーー
    これって、ベテランの方は既にやっておられることだと思います。
    どの程度寄せるかは傾斜や距離なので経験に頼りますが、アマラインに外すほど悔しいことはないですから、少しオーバー目に寄せて取り組むのが良いのではないでしょうか。

ページUP