パットの、ほんとう

中尺パターのメリット

尺パターは、7年くらい前には米ツアーではかなり多く使われたことがありましたね。、ちょっとしたそのブームは終わっちゃったような(笑)。
    しかし、これをうまく使いこなしているのはW・シンプソンと片山晋呉だと思います。今年、シンプソンはプレーヤーズ選手権で久しぶりのV。

  中尺パターの最大のメリットは「アームロック」です。
  シャフトのグリップを左手前腕に添えて握るので、手首を捏ねるというパットミスの元凶?をこれで抑制することができるからです。
    言うなれば、ストロークの変数を1つなくすことで、他のこと(距離勘など)に集中できるメリットがあります。
    シンプソンの今季STATSでSGPは現在0.646でランク6位。

 単純に言うと、全てのラウンドを通して、全ツアー選手の平均よりも、ラウンド当り0.6打もパットの成績が良いということですね。

    シンプソンの右手はクローグリップです。片山もこう握っていますね。

  これで高速グリーンに対応しているように思います。

    なお、長尺パターはアンカリング規制施行後利用者が減りましたが、長尺が規制されたわけではなく、アンカリングしなければ使用出来ます。

  胸にグリップエンドを付けて(アンカリング)使うのではなく、左手でグリップエンドを押さえて使いますが、このときに左脇をしっかりと締めておけば、支点のぶらつきを抑えることができます。

長尺を使用する場合には、このやり方がお役にたつと思います。

ページUP