パットの、ほんとう

ボールの位置

スタンス幅を広く安定したアドレスが特徴の松山英樹がスタンス幅を狭くして「ストロークが凄く良くなった」と言ってます。

これは本質的にはスタンスの問題ではありません。ボールの位置の問題なのですが、ご本人も回りもそのことに気がついていません。結果としては良いアドレスを取っているのにです。

何故でしょうか?

ボールは左足の踵の前に置きなさいとか、体の中心(こめかみの真下)に置きなさいとか、いろいろと言われて来ていますが、正しいボールの位置は、左目の真下(或いはそれよりもボール1個分くらい左)に置くべきなのです。

これは理想の転がり(=ボールの出だしから、トップスピンで転がる)を得るための重要な条件です。これについては「IPS」を参照下さい。

松山は安定したスタンスを変えるべきではないと思います。変えるべきは考え方、即ちボールの位置は左目の下、ということを身につけるべきでしょう。

宮里藍も、調子の良い時には、左耳の真下に置いています。ご本人はその意識を持っておられないようですが、、、。

ページUP