パットの、ほんとう

スムーズなバックスイング

タッチが良く合うのは、気持ちよくストロークしているときですね。

  フィーリングが良いというような言葉で表されます。

    そして、「フィーリングが良いということはスムーズにストローク出来ていること」なので、バックスイングの場合は、バックスイングをいかにしたらスムーズにストロークできるか、である。と、仰るのは「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)です。
    スムーズにいかない原因とその対策についても挙げて解説されています。

  @バックスイングに意識過剰になる

  Aバック寝具で、ヘッドがぶらつく

  B腕に頼る

  Cショルダーパッティングをしてるのに支点と軸がはっきりしない
 
D左サイドリードのフィーリングになっていない

  E静止した状態からバックスイングする

  Fヘッドを見ながらバックスイングする

  Gフェイスを下に向けないでバックスイングする
 
H球を両目の中間より左に置いたアドレス

  IY字型のアドレス

  J体が固くなっている

  K頭が低く、前傾の強いアドレス

  Lハンドダウンのアドレス
 
Mすべてをスクェアにしたアドレス

  N膝が伸びたアドレス
 
O両脚均等体重のアドレス

  P両足共つま先に体重をかけたアドレス

    いっぱいあって、混乱しそうですね。

  しかし、心当たりが一つや二つは何方もお持ちじゃないでしょうか。

  過去にそうだった方も含めて(笑)。

ページUP