パットの、ほんとう

ハンドダウンに構える

保険の窓口レディース2017で勝った鈴木愛。
    このときはショートパットを外す場面が何度かありましたが、ここぞという時のミドルパットをしっかりと決めていました。
    その時の鈴木のコメントが「週刊パーゴルフ」(2017年NO.19)に載ってましたので、一部を引用させて頂きます。

    ーーーー
  3m位のバーディーチャンスをものに出来たのが優勝を引き寄せてくれた。 悪い時は手元が浮いて球がつかまらず、右に外すことが多かったので、手元を下げたハンドダウンの構えで打つようにした。 身体の近くに手元があると、体の回転でしっかりストロークが出来る。
  ーーーー

      パットでも手元が浮くとストロークが不安定になります。


  私(Green Keeper)は、気を抜くとショットで手元が浮いてミスします。 これを防ぐために少しハンドダウンに構えるようにしています。  気持ちは青木功。  しかし、実際の外観は今までと殆ど変っていません。  でも、効果はあります。

ページUP