パットの、ほんとう

一点凝視の効果

タイトルがややこしいですが、ボールを凝視するのではなく、ボールの位置を見続けるの意味です(笑)。
    ボール位置を見続けることで方向再現性が高まる分けですが、ではインパクトの後どのくらいの時間経ってから(或いはボールがどのくらい転がってから)顔を上げたらいいのでしょうか。

    私の場合ですが、ボールが≒3m転がってからルックアップしたら完璧です。2mは最低限必要ですね。3mくらい転がるまではルックアップせずに転がすと良い結果のパットになります。

    ですから、ショートパットではカップインした後までボールを追わない、と言うことが鉄則となります。 なのに、人間の本性として結果を早く見たがるので、ルックアップが早くミスにつながることが多いわけですね。

    ここまでルックアップせずにいると随分堅苦しいというか詰まったストロークになるのではないか、と思う方がおられると思います。


  ショットの場合では、アプローチも含め頭を残しすぎるとスイングが詰まってしまい、ぎこちなくなります(これは多分に体の柔軟性次第です)。しかし、パットではそんなに大きな体の動きはありませんので、特に詰まってしまうという感じもしません。


   ショットの場合だって、ボールが飛び出してから(たとえ短い時間であっても)、数m以上は先に飛んでから頭を上げてますよね。
松山英樹はボールが何十メートルと飛んでから顔を上げています。

ページUP