パットの、ほんとう

パットの長・中・短の定義

ショートパット、ミドルパット、ロングパットと言う言葉は良く使われますが、その定義は?って以前ご質問頂いたことがあります。  勿論、用語の定義にも載ってない話です(笑)。   私流の定義をご参考まで。
  距離そのものではなく、人それぞれのスキルによって、これらの距離は違ってくるというのが、私の考え方です。

    〇ショートパット  距離を測らなくても(目測で測ってるんでしょうね、実際には)、スムーズにパット出来る距離。即ち、距離の意識が要らない距離と言えます。  距離勘よりも方向を重視して強めに決めるパットです。  1.5m(或いは2m)以下のパットということになると思います。  これを超えたらミドルパット。

    〇ミドルパット  何とか決めたいパット(長さを論じるのにに変ですが、、、)。 グリーン速さや傾斜をしっかり読み、入るラインのイメージを明確にして狙いを定めます。これで打出しラインが決まったら、入るラインを決めたとおりの距離が出るよう、距離勘に集中してパットする。 私の場合、概ね5mです。 5m先のボールに(平坦なカーペット上で)ボールを当てる朝練をやっているので、これくらいの距離は入れたいからです(笑)。 入らなかったら、実力と諦める(←後へ引くずらないため、これ重要)。  これを超えたらロングパット。

    〇ロングパット  これは3パットしないように、距離勘に集中して行うパット。 ミドルパットと同じ手続きを踏みますが、入れるという欲意識は持たない、寄れば良し。入ったら、それは間違いラッキーで入ったと思う。

    こんな風に割り切ってパットに入ると、方向に拘り過ぎたり、距離勘に拘り過ぎたりして、スムーズなパットが出来なくなるということが無くなります。ファジーな定義ですが、実用的だと思っています。

ページUP