パットの、ほんとう

顎を右に寄せる

姜 秀衍は顎を動かさないので左右の肩前のウエアがファンデーションで汚れます。

ロレーラ・オチョワのショットはダウンスイングの前に頭を右に傾けるという独特のショットですね。   この「首のひねくり」(とまでも行かないまでも、意識的に右に頭を残す)動作はパットのストロークでも有効です。
  スウェイを防止するうえでとても効果的です。   芝草順二さんはその著書「パッティングの勝利」の中の一節で 「フォワードスイングで顎を右肩に寄せる」として次のように解説しています。
  ーーーー フォワードスイングは、顎の下に右肩が来なくてはいけないのに、ヘッドアップが早くて、首の後ろの付け根の支点が動くと右肩が前に出てしまう。
   この欠点を無くすには、顎を意識的に(右)肩の方に寄せると効果的である。 また、このようにすると、フォロースルーのヘッドの出が良くなるので打ち切れるようにもなる。 ーーーー

頭を動かさないつもりでいても動いてしまう方、お試しください。

あ、これツアーの選手でもやってる方もおられますね。

ページUP