パットの、ほんとう

腕の力感

「左は舵、力は右」がゴルフの鉄則ですが、パットでは左右の腕の力感は同じであるべきと考えでやって来ました。   ところが最近、左が緩んでいることに気が付きました。   意識としては左右均等のつもりでしたが、左が弱かったです。 ですから、意識的に左の腕に注力して、パットのストロークをすると自然な真っ直ぐなストロークが出来ることが判りました。   気持ちの上では、左腕70%、右腕50%の力感です。 腕に力を入れ過ぎると、グリップの力感まで影響されやすいので、ほどほどにする必要があると思いますが、ストロークの全行程を通して、この感覚でストロークするのが良いように感じます。   これは右利きの私の感覚ですが、意識的に左は強めのほうが良いのでしょうか。
黙っていても右の方が強いわけですから。
  狙いと転がりに違和感を感じる方はお試しの価値あるように思います。
  なお、ショートパットの方向性を確保するには「両腕を外側に引っ張るグリップ」が良いですね。
この場合は力感は強めで左右均等の注力度となります。
この力感を、ストロークの全行程を通して変えないことが大切です。
 

ページUP