パットの、ほんとう

打ち急ぎを防ぐ

打ち急ぎを防ぐって、ある意味でミスを防ぐことに直結するように思います。   打ち急ぐことでミスするということは、脳からの指令に身体がついて行けないからなのではないでしょうか。ある説によれば、トップまでは左脳が働き、ダウンは右脳が司るそうです。ですから、トップでは左脳から右脳への切り替えが行われているとも言えます。   練習を続けることで、こうしたタイミングも自然に身につくのだと思いますが、それが出来ていても、現場で自信の無い時には、こういう場面が生じることもあります。 これはパットだけでなく、あらゆるショットにも共通です。   なので、打ち急ぎを防ぐことはミスを予防することになります。 しかし、打ち急ぎって意識しないで起こってしまうので始末が悪いわけです。   では、始めから打ち急がないスイングなりストロークを行えないものか。 漸くその解を見つけたように思いますので紹介させて頂きます。   それはトップで意識的に止めることです。   間をとるとかタメを作るとか言われますが、以上のようなミスを犯している時には間(タメ)はとれていないですね。やってる本人はそのことすら気が付かないでミスした後で分かるわけですが(泣)。 なので、いつもトップで意識的にヘッドを止める。それからダウンスイング(ストローク)に入ることでミスが防げます。 トップで一旦止めることで、バックスイング(ストローク)はリセットされて、ゼロからダウンスイングが始まるので、打ち急ぎのしようがないわけです。左脳から右脳への切り替えに時間的な余裕を与えているとも言えます。   こんなことをしなくても打ち急がない、ミスがないという切り返しに上手くタメが取れている方は必要ないことですが、、、。   私はアプローチのイップスで長年悩んできたので、この問題は深刻でした。 今はこんな事が書けるところまで回復してきてゴルフを楽しんでいますが、、、(笑)。   ゆっくりアプローチすることでミスは無くせると言うことに気がついてはいましたが、決定的だったのは、杉原輝雄のある動画でした。その中で「トップで止めればボールが良く見える」とさりげなく解説していました。     勿論、それにトライして続けてきましたので、今はそれが自信になっています。 更に副次効果として、打ち急ぎを防げるということが判って来ました。   杉原は(4スタンスで言う)B2、私もB2なのでこれが上手く適応できているのかもしれませんし、或いはB2でも単に私だけに合った方法なのかは分かりません。   パットでイップス気味とか打ち急ぎのミスの出る方、お試しください。

ページUP