パットの、ほんとう

フィニッシュを保つ

「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボール・マガジン社刊)の中で、著者はフィニッシュの姿勢を保つことの重要性について述べています。 抜粋して引用させて頂きます。   ーーーー フィニッシュの姿勢を維持するということとは、(ストロークの終わりで)両腕が一番前に伸びた状態でパターヘッドの位置を1、2秒間保っておくことを意味する。   あらゆる能力レベルのゴルファーについて言えることだが、しっかりしたフィニッシュが取れてプッシュもプルもしなかったと確信できれば、万一パットがカップに入らなかった場合には、その理由がおのずとわかる。   その理由はブレークする程度あるいはパットのペースに関する読みを誤っていたからだ。   読者も、フィニッシュをきちんと取り、回転が良くなったボールが正しく転がり、、以前よりはるかに頻繁にカップインする自分の姿を見てほしいものである。 ーーーー   これは自身のストロークの再現性を高めるためにも効果がありますね。
  頭を動かさずに、フィニッシュが綺麗におさまるというのは、完璧な再現性が得られているということです。

そうした場合にカップを外したら、外した原因がその場で自身で判断できます。

  タッチが弱かったのか、ラインの読み違えか、アキシデンタルな外部要因なのか、その場で外れた原因がわかるので、心理的なダメージが小さくなります。
  これって、実戦ではとても大切なことですね。

ページUP