パットの、ほんとう

パットのルーティンは2つ

ショットの場合のルーティンは1つです。 これを使うことで、無心にスイングに入ることが出来ます。   しかし、パットでは2つにしたほうが良いように思います。   以前から、プロのパットでは2つのルーティンを使い分けているように感じていました。 これは選手によってですが、、、。   即ち、ロングパットようのルーティンとショートパット用のそれです。   ロングパット用のルーティンでは、距離勘を作るために振り幅や強さ加減を感じてからストロークへ入ります。 それに対してショートパット用では、ヘッドの動きが真っ直ぐに出るように感覚を確認してからストロークに入ります。   私は頑なに振り幅だけに拘って来ましたので、ロングパットのルーティンを採り入れていますが、ショートパットでは手抜きをして来ました。   ある時、宅練で方向性が悪い時と良い時があることに気付いて、見直ししたら、何と全くルーティンをしていないことに気付きました(笑)。  これって、笑いごとでは済まされないですよね。   現場で大切なショートパットの1打を入れるのと入れないのでは大違い。   なので、宅練でもショートパット(私の場合は1.5m〜2.0m先のボールに当てる練習)では必ず、真っ直ぐにストローク出来ているかの素振りをしてから、本番に入るようにしています。
  現場では、どんなに短くてもこのルーティンをしてから本打します。

ページUP