パットの、ほんとう

パットでもタメを作ろう

ある動画の中で杉原輝雄は「(トップで)タメを作ると、ボールが良く見える」という解説しておられます。   リズムよくスイングするためにトップでタメを作るということは昔から常識とされてきていますが、ボールが見やすくなるという言葉には初めてお目にかかりました。   タメがないとリズムが取れなくて、ボールを見失うということを戒めているように感じた次第です。この言葉、杉原の慧眼ですね。後世に残る言葉じゃないでしょうか。   で、ショットでそのことが言えるなら、パットでも同じじゃないでしょうか。   特に実験をしたわけではないですが、これは共通のように思います。   パットでルックアップがはやい方。 パットのストロークの時にトップで今まで以上にタメを意識して作り、それからダウンに入るようになさっては如何でしょうか。   これ、個人的には根拠があるんです。 私(Green keeper)はアプローチのイップスを患って悪戦苦闘し、いろいろと脱出法を探ってきた過程で、トップにおけるマを意識的に増やすことでタイミングを改善することが出来ました。 気持ちに余裕が出来てボールもしっかりと見続けることが出来ます。 即ち、手打ちにならず体の回転で打てるので、打ち急ぎを改善できたという次第です(笑)。   その後、ドライバーもアイアンもパットも意識的にマを大きく取る方がタイミングよくショットすることができるようになりました。   パットを打ち急ぎなさる方、是非お試しください。   ボールも良く視えて、芯を正確に捉え、ルックアップを急ぎ過ぎず、距離勘も良くなるというご利益に出会えるように思います。

ページUP