パットの、ほんとう

入れようと思ったらダメ

パットの練習はホテルの部屋でも必ずやるイ ボミは毎日寝る前に必ずストロークのチェック、一定のリズムで打つことを行っている。 これが明日の試合に役立つのだという。
以下「書斎のゴルフVol31」から一部を引用させて頂きます。
ーーーー
「パットは入れようと思ったらダメ。目標に打ち出すことだけを考えること」
(パッティングの打ち方については)
「グリーンを読み、ラインをイメージしたら、曲る頂点を目標にします(*1)。

目標は上りならカップに近くなりますし、下りならボールに近くなります。
その目標にフェースをスクエアにセットします。
ボールと目標を結ぶ線に、スタンスを平行になるようにし、膝、腰、肩のラインも平行にします。
スタンス幅は両足の外側が肩幅と同じになるようにします。
そして膝は伸ばします。
この方が、ストローク中にひざのうごきを完全に抑えることができるからです。
グリップは短めに、逆オーバーラッピングで握ります。
右手が強くなったり、左手が強くなったりせず、両手をバランスよく使えるからです。
力加減の一定にします。
(強くはないが)フェースをコントロール出来る強さで握ります。
背中は丸めず、背骨を真っ直ぐにします。
頭も垂れません。
両肘は軽く曲げて、両肘の間を少し広げます。
こうすると、肩や腕の力が抜けてリラックスでき、スムーズにストローク出来ます。
ボールの位置は、真ん中よりもボール1個分左に置きます。
パターフェースが真ん中に来る感じです。
ーーーー
*1:正しくは曲りの頂点よりも更に外側になります。
   若し曲りの頂点を狙ったら、手前で切れてしまいます。
  →「曲りの頂点を狙えの嘘」の最下部の図面を拡大してご覧になって下さい。

ページUP