パットの、ほんとう

パット功者の基本技

今年(2016年)の日本プロゴルフ選手権。

TV放送の3日目、ゲストの丸山茂樹が「パットの上手い選手はアプローチも上手い。緩まないから」と呟くように解説していました。

丸山が言いたかったのは、パットもアプローチもスイングが緩んだら、ミスもするし、距離勘も合わないということではなかったかと思います。

両者、点を狙ったプレーですね。
体の軸や体の各部の構えが、その途中で変わってしまったら、ボールの芯を捉えることができないので、距離も方向も狂いが出てきます。

そのために、プロが良く使う言葉が「緩みのない」スイングです。

体幹を使い、アドレスから、トップ、フィニッシュまで、パットとアプローチは一定のリズムでスイングすることが求められます。

特に、丸山のコメントは、話の流れから「インパクトやフォローでも右手首の角度を(アドレス時に比べ)変えないこと」を意味していると思います。
即ち、右手甲の角度をインパクトやフォローでもリリースしないことではなかった、かと。

このことはゴルフを始めたときに、教えられて、誰もが出来ています。
ところが、出来ていると思っていても、実際には出来ていなくなっていることって多いです。
「誤概念」

それくらい、ゴルフのスキルって劣化しやすいですよね。

プロゴルファーのパットを見ていて、これがいつも出来ている選手は、ツアー上位にいます。
是非、そこにも注目なさってください。
あ、いろいろなバリエーションを駆使する場合のアプローチは別ですよ。
パットでは、絶対に緩んでいないことが確認できると思います。

日本プロ選手権では、谷原秀人と武藤俊憲の手首が特に決まっていた(動かなかった)ので、丸山がそのことを指摘したかったのだと思いながらTVを見ていました。

ページUP