パットの、ほんとう

初速2倍法

パット距離の半分地点でのボール(ヘッド)スピードを素振りで会得しておき、カップ位置からはその2倍のスピードで実打するということはプロが長い距離の場合にやっていることをツアーの場面などで見かけます。

いままで私はやったことがなかったのですが、最近の2回のラウンドでやってみました。
やってみての感想としては、これはもっと以前から採用しておけばよかった、と思うくらい距離勘が合います。

4〜5mくらいでしたら、これを使わなくても距離勘は合います。
これは経験からそうなっているのだと思います。


しかし、10mやそれ以上の場合は、いままで距離勘が合わなかった例が多い(結果はショート傾向)のですが、この方法を使うとショートすることなく、距離が合ってきます。

例えば10mの場合、距離の中間点からですから(中間点までの歩測もやっているわけですね)、そこから見る距離は5m。

ここですと距離勘は出ますね。素振りでヘッドのスピードも把握できます。

10mのところ(ボール位置)に戻って、単にその2倍のヘッドスピードで素振りするわけですから、ほぼ適切な距離の出る素振り(ヘッドスピード)が出来ていると思います。

そしてその感触が失われないうちに実打する。

これって、プロの方が何という方法なのか、その名前は知りません。

なので、勝手に命名します、「初速2倍法」と。

最近のグリーンは大きくて15mとか20mなんて長いパットの場面もありますので、そんな場合は3倍法にも変身させて使えば、効果も期待できるように思います。

それに、中間地点までは自然に歩測出来てしまう(笑)ので、その2倍が実距離。
実距離を正確に頭にたたむことも距離勘に欠かせない要素です。

ゴルフでは「ハンドアイコーディネーション」という言葉が使われますが、実は中身は「ハンドブレインコーディネーション」なんですよね。

あ、くれぐれもスロープレーにならないようにご留意をお願いいたします。

ページUP