パットの、ほんとう

厚いインパクトのパット

ショットでは厚いインパクトとか薄く入ったとか言われますが、パットでは聞かないですね。

厚いインパクトとは言いかえれば、しっかりと芯を喰った当り。薄いとはその逆ですね。

厚いインパクトでのショットは真っ直ぐかドロー気味の強い弾道になり、薄い場合はスライスになります。薄い当りは芯を喰っていないことが原因です。

これはパットでも同じ。
パットではそこまで弾道(転がりの向き)の違いが大きく出ないことやカップインしなくても別の要因とも考えることが出来るので気に付きにくいですね。

小田切洋一さんの実験でも大きくはないです。

が、試しに大きな距離を芯を外してパットしてみて下さい。
かなり顕著な方向や距離の狂いが出てきます。

ですから、実験結果を問題ないと見たら大間違いと思います。
それでは肝心な場面でのパットが決まらないですね。

で、原因はルックアップが早いことです。
結果が気になって、インパクトの前に頭が上がってしまって芯を捉えていないことによります。
これはショットの場合とまったく同じですね。

どうしたらそれを防げるか。

確りとボールを見続けてインパクトを迎え、フォローでもその位置を保つことです。
我慢することがゴルフでは大切ですが、パットでも同じです。

しっかりとボールを見るという場合、凝視するように見る方とボーっと見る方がおられます。
これはどちらが良いとかいうことではなく、軸が狂わないことが目的ですからどちらでも。

フォローは「低く長く出せ」と指導させる方(D・ストックトンや宮里優さん)やそれを意識されている選手の仰る意味も厚いインパクトを得るためのテクニックではないでしょうか。

ページUP