パットの、ほんとう

距離勘を高める

距離勘が良ければ、3パットすることは先ずありません。

方向は多少狂っていても、です。フェースの向きはパッターが両目で方向取りをする(目的の打出しラインに対して直角方向にフェースを合わせる)ことでかなり正確に合わせることができるからです。

ところが距離勘(目標とする距離を転がせる実現力で、これはまさに「勘」)は違います。

その日の体調やグリーンの状態も含めて考えれば、アヤコさんの言われる「パットとアプローチは日替わり」の通りです。

そうした中でも距離勘を合わせるにはどうしたらよいか。

「ゴルフ『80を切る!』日記」に編者の高野英二さんご自身の体験として次のような記事があります。
ーーーー
「5mのパット」
(前略)
(練習していて)一時間経っても進歩がありませんでした。

しかし、やっと自分がストローク幅でなく、インパクトの強弱で距離を調節しようとしていたのに気づきました。

で、バックストロークからインパクトまで強さや速さを変えない(*1)ようにストローク。
アンダーラインは高野さん)

そうするには、バックストロークを適切な長さにするしかありません。

距離が安定し始め、カップに寄るようになりました。

二つのカップ両方とも、最後になって僅かに右に切れることが判ったので、狙いを微調整して打ってみました。

5メートルのパットに成功!

そして、なんと戻りの5メートルもカップイン!

驚くのはまだ早いお立ち会い。

さらに、三度目の5メートルにも成功。5メートルを三回連続で沈めるというのは(練習グリーンの慣れたラインとはいえ)滅多にないことです。
ーーーー

*1:タッチはインパクトの強さで出す方とストロークの振り幅で出す方がおられます。
   高野さんはこれで振り幅派になったわけですね(笑)。
   中には出球のスピードでタッチを合わせるという方もおられますが、、、。

江連忠さんもこのことを指摘されていますし、私はその距離勘を正確に出すには「ストロークの全行程を通してヘッドの重さを感じながら」行うことを提唱しています。
 →「距離勘の作り方」

それに、距離勘をしっかり身につけるには日頃の練習も必要で、これに習熟するとパットがほんとうに楽しくなります。その日のスピードに対応することが出来ます。
「変動基準法」

ページUP