パットの、ほんとう

死ぬ気で目標を

レッスンの大御所H・ペニックさんは「死ぬ気で目標を」と仰っていますが、それが真理なのか何故なのかは長いこと疑問のままでした。

「1日5分でシングルになれる!ゴルフメンタル」(児玉光雄著 池田書店刊)によると、このことを実証したスポーツ心理学者がおられるという一節があるので、紹介させて頂きます。

ーーーー
R・シンガーが興味ある実験を行っている。
4yds離れたターゲットに、利き腕でないほうの手でボールを当てるのを2つのグループに分けて行った。
Aグループには目標を意識させ、Bグループには投げ方を意識させた。

結果はAグループのほうが明らかにBグループよりも良かった。
つまり、体の動きは脳に任せておいて、的を意識することにより成績が向上することが判明した。
ーーーー
ペニックさんは、ご自身のゴルフや長い指導経験から「死ぬ気で、、」と説いたと思いますが、それが真理であったという事ですね。ペニックさんの洞察力には脱帽です。

で、著者はナイスショットを実現するために次のように奨めています。

アドレスの直前ボールの後ろに立ち、ボールを運びたい1点に視線を少なくとも5秒間固定するトレーニングをショット毎に繰り返す。
これだけで、脳は目標目掛けてボールが飛んでゆくスイングプログラムを作ってくれる。
時々思い出したようにやるのでは効果がない。

イチローがバッターボックスで1球毎にやる右肩のユニフォームをたくし上げる動作のように、毎ショットこの儀式を励行すれば、しょっとの安定性は驚くほど高まる、と。

パットでも同じです。
目標(カップ)を明確に、ラインもしっかりとイメージして取り組むことが大切です。

ページUP