パットの、ほんとう

ナビラインは左を向く

ボールの打ち出し方向を決めるのに、良く見かけるのが、ボールのナビラインを使うやり方です。

研究熱心な片山晋呉は独特の(何本も)ラインを描いたボールを使っていますね、あれです。
最近のボールは、(片山ほどではない単純なものですが)ナビラインが印刷されているものが多いですね。

このラインの使い方なのですが、、、。

慣れないうちは違和感を感じる方が多いと思います。。

即ち、カップに向かってボールの後方から打ち出し方向にナビラインを合わせ、アドレスに入って見ると、ナビラインが読んだラインを指していなくて、それよりも左を指していると感じたことはないでしょうか?

これは、人の目が(ボールの後方から見る)「両目が対象にたいして正対している場合(正対視)」が正しく読めて、(斜め上から横目に見る)アドレスの姿勢では正しく見えないことに起因します。

私は、構えるとナビラインが左を向いているような違和感を覚えますが、これは私の癖(私固有の視差)によるものと考えていました。

ところが、文献によると、やはり左を向いているように感じると書かれています(この文献では「クローズ」に見えると書かれています)。

ということは、どうやら私だけでなく、多くの方が「ナビラインが左を指している」と感じるようです。

誰もがこのように見えるかは、確認しておりませんが、真っ直ぐ打ち出しラインを指しているように見えないのは事実のようです。

これは利き目がどちらかにあるかや利き腕がどちらかなどによっても違ってくるのかもしれませんね。

因みに私の利き目は右目、利き腕は右の右打ちで、眼鏡(近視+乱視用です、いわゆる遠近両用は視差が大きいのでゴルフには使いません)を装用しています。

違和感を感じても、後方から合わせたナビラインの指す方向が正しい打ち出し方向です。

違和感を感じる方は、この方法を使わないか、慣れてくるまで我慢するとか、(私のように)ナビラインを信じてストロークするしかないと思います。

ゴルファーは目を酷使するせいか、長い間に視差も出てくるようで、それが原因の1つかも知れませんね。

ページUP