パットの、ほんとう

3パットを避ける

大きくオーバーするよりも少しショート気味のほうが良いと、レッスンの神様H・ペニックさんは仰います。
その心は、強いパットは入り口が小さいがジャストタッチであれば、入口が広いからだという事と3フィートのオーバーよりも1フィートのショートのほうが次打を入れやすいと言うものです。

「ゴルフレッスンの神様 ハービー・ペニックのレッドブック」(本條強訳 日経ビジネス人文庫)より要約引用させて頂きました。

パットは≒40cmオーバーするのが良いと言われてますが、これはD・ペルツさんがロボットを使った実験で、このようなデータが出たのが始まりです。

ところが、この実験はカップ周りがゴルフファーのスパイクで(カップインしたボールを拾い上げるときに周囲に足を置くので)ドーナツ状に踏み跡が凹む(ちとオーバーな表現ですが)ので、それをクリアーするには≒40cmのタッチが丁度良かったわけです。

今はどのゴルフ場もグリーンの整備が良く、ツアーに限らずジャストタッチで狙っていますね。

ショートを避けたいがゆえに大オーバーし、返しも入らずに3パット。
これでは意味がありませんし、あくまでパットは2打で入れるのが基本。
それには3パットを避けることから始めるのが良いですね。

1打で入ったら、それはゴルフの神様からのご褒美、と思うくらいの謙虚さが大切です。


ページUP