パットの、ほんとう

変動基準法

ゴルフを始めた頃や子供のパットは強めに転がします。人間は本能的に「届かなければ入らない」ということを知っているからです。
ところが、続けるうちにショートしがちになります。オーバーしすぎて返しのパットが入らないという経験がそうさせます。しかし、これを届かせるようにならないとパットは上達しません。
しかし、こわごわとショートさせていたパットを届かせるようにするって勇気が要りますよね。

で、清水の舞台から飛び降りるような気持ちの切り替えが必要になります。
でも、飛び降りれば上手くゆく? 
違いますね。
その勇気は称えられなければなりませんが、我々が欲しいのは結果です。

気持ちだけでなく、スキルが伴う必要があります。

何が必要か。パットで最も大切なのは距離勘(目標とする距離の実現力)です。

距離勘が良ければ、入らないパットでも次のパットでストレスのあるパットにはなりませんし、そのリズムが続けば、ファーストパットもたまには入る。○が転がり込んでくるということになります。

アヤコさんの仰るようにパットとアプローチは日替わりです。

これはショットと違い、加減即ち勘の要素が大きく占めるため、昨日良くても今日はそのことがそのまま続かないよ、という戒めですね。

パットで距離勘を作るスキルはいろいろとありますが、RNDの少ないアマにとってお勧めな方法は変動基準法ではないでしょうか。

これは、日ごろの宅練で自分の距離を作っておき、RND当日はその基準(振り幅やインパクトの強さ)のストロークを練習グリーンで行って、それによる転がり距離をその日の自分の距離の基準にし、RND中での距離に応じて振り幅(人によってはインパクトの強さ)を変えて対処するものです。

この方法は、スティンプ値によらずに対応出来ることも特徴です。

変動基準法については→「距離勘を高める10」

距離勘を身につけておくとゴルフがまた一段と楽しくなることを保証いたします。
あ、ご自分で宅練を続けることが必要ですので、ご自身の努力が保証してくれるんですね!

ページUP