パットの、ほんとう

パッティングのベースライン

PGAtour(米)では、「パットで稼いだ打数(SGP)」という概念の指標を導入しているので、パッティングの巧拙分析が簡単にできます。

距離ごとに全選手の平均パット数はどうなっているのか、ということになりますが、現時点ではそのデータが見当たりません。

そこで、2011年版のデータを添付します。

全選手の平均ですから、現在も変わっていない(というか、変わったとしても大勢に影響ないくらいの変化と考えられます)と考えてよいと思います。

これがベースラインとして、各選手のすべてのパットの距離(レーザーですべて計測)と結果を1打ごろに評価してSGP(Strokes Gained Putting)が求められます。

これはお金と人(ボランティア)を大量に注込めるPGAtourならでは可能な指標ですね。世界の他のツアーではこういうことはできていません。

これをご覧になると、ツアーの選手もたいしたことない、と思われるかもしれませんが、これはツアーでのすべての平均でアンジュレーションや芝質や傾斜などもすべてを包含して、数値は距離だけの関数になっているからです。

ベースラインについては右下の「電子ファイルを見る」をクリックなさって下さい。

ページUP