パットの、ほんとう

トップアマの流儀1

アマのタイトル100勝を越える阪田哲男さんは「ゴルフの流儀」(NHKTV趣味悠々2009年)のなかで、パッティングのストロークについて次のように仰っています。

−−振り子式ストロークで肩を回し、頭を残して打つ−−

パッティングは体力や筋力は関係ない。小さな子供でも大人に挑める。

反面、1mでも絶対に入るとは限らない。奥の深いパッティング、大切なのは方向と距離感ですが、先ずはストローク。

私は淀みないストロークにするために柱時計の振り子のように振っています。

手だけで振るのではなく両肩を回して振る

パッティングは小さな動きなので、肩を回している心算でも、手先だけで打っている人を多く見かける

ボールをよく見て、頭が動いていないか、先ずは自分でチェック。

打った後も、ボールのあったところを見ているくらいのストロークをしたいと思っている。

−−−

同名のテキスト(ニッポン放送出版協会)を改めて見ると、阪田さんもB・チャールズと同じ型です。

赤字部分について、阪田さんはさりげなく仰ってますが、これって凄い指摘なんですね。

実はこれが出来ていない(出来ているつもりでいる)、出来ていたけど経年変化で今は出来ていない。
こういう方が実に多いんですね。

この一言に耳を傾ける必要があると、改めて感じた次第です。

ページUP