パットの、ほんとう

しびれたとき

パットでしびれる場面はしばしば訪れます。

入れごろ外しごろのバーディーパットだが、かなり曲がるラインなどはその典型ではないでしょうか。

入ればそれ以降のゴルフのリズムがとても良くなり、自信を持ってRND出来ますので、単にスコアが−1と記録される以上の効果があります。

また、これを外すような結果になれば、何で入らなかったのかを考えてしまい、それ以降のゴルフに大きく影響してしまいますので、パー(±0)と記録されるにも関らず精神的にはダメージとなってしまいます。

このような場面でプロはどのような心理的取組みをされているか、参考になる例に巡り合いましたので、ご紹介させて頂きます。

藤田寛之のやり方が紹介されていた「週刊ゴルフダイジェスト2013 NO.42から省略して引用させて頂きます。
−−−
こんな時に大事なのは「イメージを一つに絞ること」。

保険をかけて膨らませて狙うのか。或いは強めにラインを消して狙うのか。

タッチとラインを絞り込むこと。あとは如何に思ったところへ思った強さで打ち出せるかが勝負。

更に言えば、出だしの5cmをイメージ通りに打てるかどうか、それでパットは決まる。

結果的に入るか入らないかは問題ではない。

狙った通りに打てても風が吹けば入らないこともあるのだから、自分の出来ることに集中する。

だから、しびれたときほどラインを決めたらいつものように、ボールの後ろと横で素振りを2回(*1)。

ライン上に見つけたスパットに対して、真っ直ぐに構えたら思い描いたタッチでそこにボールを通すだけ。

入るか入らないかは時の運、と腹を括る。それしかない。
−−−

12年の賞金王をして「腹を括るしかない」と言わしめる「しびれるパット」。
我々も開き直った気持ちで取り組めば、と言われているような気がします。
*1:藤田のルーティンはいつも同じですね。
   →「藤田寛之のパットのルーティン」

また、米欧両ツアーの賞金王に輝いたL・ドナルドのパットとの共通点もあります。
   →「藤田とルークの共通点」

ページUP